伝統の技で愛されるお菓子作り

当社は戦後、飴作りからスタートした小さな町工場で、おかげさまで70周年を迎えようとしております。

これまで、甘納豆、飴、ゼリーなどの製造を行い、福島・東北のお客様にご愛顧頂いて参りました。

時代のニーズが変わりゆく中、伝統の技(甘納豆職人の技)を生かせるお菓子はなにか、幅広い年齢層のお客様に喜んで頂けるお菓子はなにかと考え、辿り着いた答えが「どらやき」でした。

実は、3代目社長は以前から常々「おいしいどらやきを作ってみたい」と申しておりましたが、工場生産の設備しかない会社で生菓子の製造・管理・販売をすることは到底難しく、数年前までは、「絵に描いた餅」として、実現することはありえないと誰もが思っておりました。

しかし、東日本大震災で、流通の流れ・お客様の流れ等が急激に変化したのです。「今こそ福島のお世話になってきたお客様に喜んで頂く、元気になっていただけるおいしいお菓子を作ろう!」と、どらやき専門店の開始に向けて、どらやきの研究を始めました。

目指したのはコーヒーに合うどらやき

丹坊のどらやきは、「伝統を今へ」という考え方の下、これまでお茶菓子であったどらやきを進化させ、「コーヒーに合うどらやき」を目指しました。

丹坊のどらやきは「プレミアムなカフェタイムをお届けする」という気持ちを大切にして、ひとつひとつ愛情をこめて“手作り”しています。「また食べたくなる後味」がお客様にご好評いただいています。

新感覚の粒餡と生地へのこだわり

自家製粒餡は、「伝統の製法を守り、かつ現代のお客様好みの新感覚の粒餡」を目指しました。えりも小豆としゅまり小豆という品種を使い、粒餡独特の固い小豆の皮の口あたりをやわらかくし、北海道産の砂糖は、豆のうまみを生かすギリギリのところまで控え、後味軽やかな粒餡に仕上げました。

生地は、「伝統のレシピを守り、かつ食感は現代のお客様好みのふんわり・もっちり・しっとりが共存する生地」を目指しました。宮城県産の小麦、福島の新鮮な卵をひとつひとつ丁寧に割卵して仕込むことで、カステラのような風味としっとり感を作りました。

丹坊 本店 TEL 024-563-3926
  • 営業時間午前10時〜午後6時(カフェ営業:午前11時〜午後3時)
  • 定休日毎週水曜日
  • 店舗住所〒960-0111 福島県福島市丸子字漆方18番9号(福島商業高校通り沿い)
丹坊直売店 TEL 024-573-0147
  • 営業時間午前10時〜午後6時
  • 定休日毎週火曜日
  • 店舗住所〒960-1108 福島県福島市成川字杵清水36-1(国道115号線沿い)